一度は食べてみたいチョコレート

あまり食べることができない高級なチョコレートやセレブ御用達のチョコレートなどをTwitterで話題になっているチョコレートをご紹介します

    カテゴリ: 高校野球

    高校野球出場の地元の美味しいものを探してみました。敦賀気比VS仙台育英

    8/16の試合は敦賀気比(福井)と仙台育英(宮城)の戦いでしたね。
    試合結果は 敦賀気比 3 - 4 仙台育英 でした。
    仙台育英が勝ちましたね。
    それでは福井県敦賀市の名物を探してみましょう。
    mamerakugan

    豆らくがんは粗びきの大豆、砂糖、水飴を原料にした落雁(らくがん)で、古くから敦賀で食されてきた伝統菓子。ニッコリ微笑むおたふくの形をした縁起の良いお菓子です。江戸時代からの伝統製法を守り、おたふくの型に入れて押し固め、約8時間乾燥させた後に焼き上げて仕上げています。優しい甘みとともに、大豆の風味が口の中に広がり、素朴な味わいが楽しめます。福を呼ぶと言われるお菓子を大切な方へのお土産にいかがでしょうか?
    hesdiko

    へしこはサバなどの魚介を塩漬けにしぬかや唐辛子などを加えて漬け込んだもの。冬の保存食として親しまれた。そのまま食べてもおいしいが、お茶漬けなどに入れて楽しむこともできる。
    so-sukatudon

    ソースカツ丼はご飯のうえにドンッとのったカツとタレのかかった絶品メニューです。今回は福井県でおすすめのソースカツ丼のお店をご紹介します♪福井県に行ったらぜひ立ち寄ってみてください!福井県のB級グルメ「ソースカツ丼」
    orosisoba

    越前おろしそばは大根おろし乗せが特徴の蕎麦。昭和天皇が武生市で食べた蕎麦を「越前のそば」として気に入ったのが始まりで、その後に大根おろしを乗せるようになったのだとか。お店によって、ぶっかけ(ダシをかけて食べる)やつけそば(大根おろしとダシのつけつゆで食べる)など食べ方が異なります。
    kosinorubi-

    越のルビーは平成元年に栽培が始まり、福井市白方町を中心に広がっていった福井県のブランドトマト。糖度は7~9度ながら酸味とのバランスが良いことから甘さが引き立つそうで、生だけでなく料理や加工品にも活用されます。
    zuwaikani

    越前ガニは福井県で水揚げされたオスのズワイガニ「越前ガニ」は、全国でも有名なブランド蟹。県内でも多くの水揚げを誇る越前町のグルメであるとともに、三国、敦賀、小浜それぞれの港でも漁獲されます。港から近い場所に漁場があることで新鮮なことが売りのひとつです。メス蟹の「セイコガニ」の濃厚な味噌と外子・内子は絶品です。
    detiyoukan

    丁稚羊羹は大野市の冬の名物、丁稚羊羹(でっちようかん)。京都の丁稚奉公(商売の修行見習い者)が、福井県に里帰りする際に持ち帰り広めたのが由来。(諸説あり)大野市では水ようかんを冬に食べる習慣があります。一般的な練羊羹と比べて糖度が低く、常温では日持ちしないことから冬場向きの食べ物となっています。
    tomitukintoki

    とみつ金時はあわら市の名産となるサツマイモ、富津金時(とみつきんとき)。赤土を含み水はけの良い土地と海からの強い風による、適度な水分と強い甘みが特徴。収穫時期は8月下旬~11月上旬ですが、適切な温度管理下の貯蔵で1年中出荷が可能。あわら市では特に銘菓やスイーツとして、プリン、タルト、焼き芋などを提供するお店があります。
    borugaraisu

    ボルガライスはオムライスにトンカツを乗せて上からソースを掛けた一品。ソースはケチャップやデミグラスなど各店オリジナルのソースが用いられており、洋食屋さんや喫茶店で主に提供されています。名前の由来はロシアの卵料理「ボルガ」、イタリアのボルガーナ地方の料理、など諸説あります。
    eiheiji

    永平寺は、1244年道元禅師によって開創された曹洞宗大本山、坐禅修行の根本道場です。三方を山に囲まれた深山幽谷の地にあり、今もここでは200人近い雲水(修行僧)が、開祖以来変わらぬ厳しい修行を日々行っています。永平寺の正門の真正面にある「唐門」は古くは勅使門と呼ばれ、皇室からの使者が訪れた時など特別の時に開かれる門です。お泊りには永平寺 親禅の宿 柏樹關がお勧めです。
    kyoryuhakubutukan

    福井県立恐竜博物館は世界三大恐竜博物館の1つに数えられ国内最大級の展示室には42体の恐竜の全身骨格や化石標本、ジオラマ等を展示。野外恐竜博物館では恐竜化石が発見された地層や足跡化石を見ながら化石発掘体験もできます。お泊りには勝山東急リゾート ホテルハーヴェスト スキージャム勝山がお勧めです。
    katuyamajou

    勝山城博物館は日本で一番高い天守閣を擁するお城は九頭竜川が市街を流れ、霊峰白山に抱かれるように田畑が広がる、そんな福井県勝山市の農村風景の中に突然現れる日本一高い天守閣。その城の名は「勝山城」です。五層六階の天守閣の高さは天守台の石垣を含め57.80mで、全国第一位。名古屋城が55.51m、大阪城が54.80mと続きます。お泊りには勝山ニューホテルがお勧めです。
    itiyajou

    一乗谷は日本のポンペイと呼ばれる遺跡、「一乗谷朝倉氏遺跡(いちじょうだに あさくらし いせき)」は戦国時代、100年に渡りこの地を支配した戦国大名・朝倉氏の館と城下町の跡地です。朝倉氏滅亡後、この地はそのまま見捨てられ、土砂にそして田畑の下にと埋もれてしまいましたが、400年間地中にあったこの城下町は現代に蘇りつつあります。お泊りにはHOTEL cooju fukui(ホテル クージュ福井)がお勧めです。

    敦賀気比高等学校の皆様お疲れさまでした。

    高校野球出場の地元の美味しいものを探してみました。高岡商VS履正社

    8/16の第試合は高岡商(富山)と履正社(大阪)の戦いでしたね。
    試合結果は 高岡商 4 - 9 履正社 でした。
    履正社が勝ちましたね。

    それでは富山県高岡市の名物を探してみましょう。

    siroebi

    白えびは海の宝石とも呼ばれる超希少な天然白えびで殻ごと油で揚げると、サクサクとして香ばしさ抜群。殻をむいて(ちょっと面倒ですが)お刺身で食べると、とろりとした舌ざわりに、コクのある上品な甘さがたまらない、極上の珍味「白エビ」をご紹介します!富山湾で獲れる白えびは海の宝石ともいわれ、年間の漁獲量が少なくとても高価です。
    hotaruika

    ホタルイカは定置網で漁獲されるため、傷も少なく、また漁場から漁港までが近いため鮮度も抜群。富山のホタルイカが漁獲される3~5月は産卵期を迎えているため、他県で漁獲されるものより魚体が大きいのも特徴です。とれたてを活きたまま急速凍結し鮮度そのままでお届けしますので、お刺身はもちろん、しゃぶしゃぶ、酢味噌和え、佃煮、などなど…ぷりっとした歯ごたえと芳醇なキモは一度食べるとヤミツキ間違いなしです。
    kanburi

    寒ブリは富山湾の王者」と言われる特別なご馳走です。日本中で獲れるブリですが、初冬に氷見周辺の富山湾にやってくるブリは産卵前ということもあり脂がたっぷりと乗っていて格別なおいしさ!冬に日本海で獲れるブリだけが寒ブリと呼ばれるんです。
    masuzusi

    ますずしは味付けしたマスと酢飯を重ねた押し寿司のことで、富山のます寿司店は富山市内だけでも30店舗以上あるんです。お店によって甘いとか酸っぱいなど様々な特徴があるので、食べ比べてみるのも面白いですね。
    toyamaburaku

    富山ブラックは富山市発祥のご当地ラーメンで、真っ黒なスープが特徴です。富山大空襲の復興作業の際、労働者のために濃いめの味付けで作られたのが起源とされていますが、今では店ごとにスタイルや味が違います

    黒部ダムは映画「黒部の太陽」で知られる、富山県黒部川上流に建設された日本を代表するアーチ式コンクリートダム。周辺は3000m級の山々に囲まれており、四季折々の自然の表情を楽しむことができる観光地です。6月下旬~10月中旬に限られているダムからの放水は、日本一の高さから毎秒10立法メートル以上にもなるもので、その迫力は見事の一言!晴れた日には放水に虹がかかることもあり、その美しい眺めも人気です。

    みくりが池は室堂から歩いて10分のところにあり、北アルプスで最も美しい火山湖といわれる。周囲約630m、水深は約15m。青く澄み、伝説を秘めた湖面に3,000m級の山々の雄姿が映し出される眺めは絶景です。
    go-rudowin

    ゴールドウインはスポーツライフスタイルをお客様にご提案する総合ショッピングサイトです。ザ・ノースフェイス(アウトドア)、ヘリーハンセン(マリン)、エレッセ(テニス)、ダンスキン(フィットネス)、カンタベリー(ラグビー)などの公式通販サイトです。
    LALAHONEY

    LALAHONEYは成分は、蜜蝋、蜂蜜、植物油という自然の成分。蜜蝋には、高い保湿性と肌荒れを防ぐ効能があります。植物から抽出した成分をそのまま使用することで、天然成分の高い栄養価がそのまま残りしっかり肌まで届くそうです。富山県に本社のある有名な会社ですね。

    高岡商業高等学校の皆様お疲れさまでした。

    高校野球出場の地元の美味しいものを探してみました。星稜VS智辯和歌山

    8/16の試合は星稜(石川)と智辯和歌山(和歌山)の戦いでしたね。
    試合結果は 星稜 4 - 1 智辯和歌山 でした。
    智辯和歌山が勝ちましたね。
    それでは和歌山県和歌山市の名物を探してみましょう。
    masayosi

    和歌山ラーメンの「正善」は井出系の和歌山ラーメンで豚骨の香るまろやかな味わい。コクもあって後味スッキリなスープにツルッとしたのど越しのストレート細麺が堪らない一杯。
    アットホームなお店で常連客も多い、地元の人が通う名店中の名店!
    meharisusi

    めはり寿司は何百年もの昔から紀州(特に新宮を中心とした南紀)の農山漁村で労働者の弁当として伝わり、従来は麦飯でソフトボール程お大きさに作られたと云われ、食べる時、目も口と同じ様に大きく張るところから目を張る寿司、”めはり寿司”といわれ伝わりました。
    高菜の漬物でご飯をくるんだ素朴なものですが、漬物とご飯が一体と成り、型くずれなどしないところから日本一の腰弁当として日本唯一の物です。
    umebosi

    梅干しの「華結」は紀州特選南高梅まろやか梅の中から大粒で美しく見た目にも特に美味しそうな梅を一粒一粒選び、和紙風の小袋にお詰めいたしました。お中元としてはもちろん、暑中、残暑お見舞いの品としても最適と存じます。
    kuenabe

    クエ鍋はクエは体長1メートル以上にもなる大型の魚で九州地方ではアラとも呼ばれ高級魚として珍重されています。その理由は野趣あふれるその容姿からは想像できない繊細な味をもち、刺身でも鍋物にしても飽きのこない淡白な風味が喜ばれるからです。美食家をもうならせる幻の高級魚クエは地元では昔から魚の王様とされ、漁師たちの間では 「クエを食べたら他はクエん」といわれるほど実に美味しく、その味はふぐより美味しいほどで大変人気があります。ふるさと納税の九会鍋もあります。
    kinsansimiso

    金山寺味噌は750年続く伝統製法でつくられた金山寺味噌は、米、大麦、大豆、なす、瓜、生姜、しそが入った自然発酵食品のおかず味噌です。創業以来愛されている昔ながらの伝統の味。手間ヒマかけたこだわりの逸品で、くせがなく食べやすいと大好評を頂いております。生で食べる味噌です。
    naresusi

    なれ寿司とは、もともとは保存食として作られた、発酵食品(発酵寿司)です。おすしを敷きつめた桶の中に、なんと塩水をたっぷり入れてから重石をするんです!!「えッ!腐らないんですか?!」と思わず訪ねてしまった私に、なれずしの職人のおばちゃんは、「え?腐らすんやで。」と教えてくれました。また、『なれずし』のおもしろいところは、この漬け込んでおく日数により、お味も香りも変化するという、発酵寿司ならではの特色があるところです。
    wakakinbijutu

    和歌山県立近代美術館の「コレクション展2019ー秋」はふたつの近代美術館のコレクションにより近現代美術の流れを観られるよう構成し、約160点の作品を展示。「特集 みやこの洗練 明治の京都画壇」では、主に滋賀県立近代美術館のコレクションから、明治期を中心に展開された京都の日本画家による作品を取り上げる。「特集 せんぱん 前川千帆の版画」では、生誕130年を記念して、漫画家・版画の世界で活躍した前川千帆(まえかわせんぱん)の作品を紹介する。お泊りにはホテルグランヴィア和歌山お勧めです。
    natikartuura

    那智山・青岸渡寺は本堂は1590年に豊臣秀吉が再建したもので、桃山時代の特徴を色濃く残しており、2004年7月にはユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録。本堂後方には、那智の滝との調和が美しい朱色の三重の塔がそびえ立っています。お泊りには里創人 熊野倶楽部お勧めです。

    智辯和歌山高等学校の皆様お疲れさまでした。

    高校野球出場の地元の美味しいものを探してみました。海星VS八戸学院光星

    8/16の第試合は海星(長崎)と八戸学院光星(青森)の戦いでしたね。
    試合結果は 海星 6 - 7 八戸学院光星 でした。
    八戸学院光星が勝ちましたね。

    それでは長崎県長崎市の名物を探してみましょう。
    nagasakichanpon

    長崎ちゃんぽんは全国的に知られたご当地料理であり、太い麺と具材の多さが特徴で、長崎ちゃんぽんに影響されたと思われる麺料理が日本全国に存在する。特に九州各地のご当地ちゃんぽんはスープや具材など長崎ちゃんぽんの特徴を強く引き継いでいる。
    saraudon

    皿うどん(さらうどん)は、長崎県の郷土料理。名称からはうどんの一種と思われやすいが、「かた焼きそば」や多くのものは中国の炒麺に近い。

    ミルクmirukusekinagasaki
    セーキ
    は飲み物ではありません。長崎で、ミルクセーキと言えば「夏に食べるもの」である。「飲む」のではなく、「食べる」だ。

    nagasakibiwa

    茂木びわは中国原産の果実で、天保・弘化の頃に長崎に女中奉公に来ていた三浦シオが、長崎唐通詞から貰い受け、自宅の畑に播いたのが始まりとされています。

    sasebobaga

    佐世保バーガーは長崎県佐世保市名物の手作りハンバーガーの総称。いわゆるご当地グルメの一種。ひとつの決まったスタイルのハンバーガーを指していうのでなく、佐世保市内の店で提供される「手作りで」「注文に応じて作り始める(作り置きをしない)」こだわりのハンバーガーの総称である。

    レモンステーキはアメリカ海軍の影響でステーキが流行しましたが、その後日本人の口に合うよう改良されました。食べやすく薄切りにし、レモン風味の醤油をかけて食べるのが、レモンステーキのスタイルです。お肉とさっぱりとしたソースは、なんといってもご飯との相性が抜群です。柔らかいお肉を、熱々の鉄板からいただきます。
    kaizouni

    具雑煮はお餅のほかに、たくさんの具材が入っている具雑煮。ごぼうとかしわ肉から出るだしが、味の決め手です。島原の乱で農民は、具雑煮を食べて力を付け、戦ったとか。優しい味の出汁にやわらかな餅、野菜がたくさん入った栄養満点の一杯が、旅の疲れを癒してくれます。
    hasitoro-ru

    ハトシロールはエビのすり身を柔らかく薄切りにした食パンで包み、きつね色に揚げた、長崎ハトシロール。外側はサクッとジューシー、中身はふわっとぷりぷりのエビの食感が、他にはない絶妙な味わいです。エビのうま味がギュッと詰まっています。揚げたてのものを瞬間冷凍してあるので、電子レンジで温めれば、出来立ての味を食べることができます。
    nagasakiyakei

    稲佐山は山頂へは長崎ロープウェイで手軽に登ることが可能。昼は雄大なパノラマを、夜はまばゆく光る街の夜景を楽しむことができる人気スポットです。2012年10月からは稲佐山展望台と稲佐岳駅を結ぶ通路の天井に約6000個のLEDが埋め込まれ、「光のトンネル」として季節ごとに色が変わったりと、山頂までの道のりでも楽しめるようになりました。登山道も整備されていて、自然の中を歩きながら登ることができるので、ハイキングコースとしても良いですね。ここへのお泊りは稲佐山観光ホテルお勧めです。

    海星高等学校の皆様お疲れさまでした。

    高校野球出場の地元の美味しいものを探してみました。明石商VS宇部鴻城

    8/14の第試合は明石商(兵庫)と宇部鴻城(山口)の戦いでしたね。
    試合結果は 明石商 3 - 2 宇部鴻城 でした。
    明石商が勝ちましたね。

    それでは山口県宇部市の名物を探してみましょう。
    dassai

    獺祭(お酒)数々のお土産ランキングで上位にランクインする超人気のお土産。国内だけでなく、海外にもファンをもつほど有名なお酒です。フグや、蒲鉾など他の山口土産と一緒に自宅で味わえば、最高に贅沢な気分を味わうことができますよ。獺祭煎餅もありますよ

    獺祭(だっさい) 酒粕カレーは旭酒造株式会社(山口県)が醸造する銘酒「獺祭」の
    純米大吟醸酒粕を使用したカレーです。牛肉の旨みと炒め玉葱やトマトペーストを加えた濃厚ソースに、さらに隠し味として獺祭酒粕を加えたことで、まろやかな味わいに仕上がっています。口に含んだ後にほのかに香る酒粕の風味にもこだわりました。
    natumikanmarusuke

    夏蜜柑丸漬は本物の夏蜜柑の中に白餡羊羹を詰めた、かわいい和スイーツです。上品な甘さなので、お茶だけでなく洋酒との相性もばっちり。大人女子へのお土産にぴったりですよ。1つから購入できるため、気軽に買えるのもおすすめポイント。

    山焼きだんごはもっちりとしたお餅に、香り豊かな黄粉がたっぷりまぶされています。昭和47年から作り続けられている、伝統的な山口県のお菓子です。見た目は素朴ながらも、過去には農林水産大臣賞受賞の経歴を持っています。小袋に分けられており、封を開けると、3個の団子が串でまとめられています。


    huguchaduke

    ふぐ茶漬は冬の山口と言えば“ふぐ”だよなぁという思いとともに、しそわかめと一緒に購入した「ふぐ茶漬」の方をご紹介します。「ご家庭で味わえる料亭の味」というキャッチフレーズの付いたこちらの商品。4食分4袋が同梱されています。パッケージ裏面には、ふぐ処理施設やふぐ調理人の明記も。このあたりは毒のある“ふぐ”ならではですね。
    daidaigurinsuraisu

    だいだいグリーンスライスはグラニュー糖で優しい甘さをつけたタイプ。新鮮なだいだい、しかも1個のだいだいからわずか数枚しか取れない、果皮と実の間の白く厚い部分を贅沢に使用しています。ビジュアル的にもきれいな緑色で素敵ですし、いただけば、しっとりとした中に独特の爽やかさと上品な味と香りが楽しめます。紅茶に入れれば、ちょっとお洒落なティータイムにも。クラッカーとチーズとともに味わえば、これまた素敵なひとときに。甘すぎない、大人のスウィートな後味にも惹かれます。
    hagibijin

    萩美人は橙を基調とした柑橘をブレンドしています。食べてみると、みずみずしい爽やかな柑橘果汁の香りを感じ、コクとまろやかさが楽しめる1品です。柑橘の香りは、柑橘の皮の部分に多く含まれるそうです。そこで、鍋屋食品さんでは皮ごと搾る製法にこだわり、皮の旨みも含んだ果汁を使用しています。また、一般的なお酢は一切使用せず、果汁をブレンドする製法で製造されているので、お酢特有のツンとした臭みがないので、香り高く優しい味になっています。そのため、小さなお子さんにもお勧めです。

    hikagemusou

    日下無双は日本酒で、こんなにクリアで赤いボトルは、なかなか見かけません。しかも酒名も、杜氏(日下信次さん)の名前と、天下に並ぶものがないほど優れているという意味の「無双」をあわせたものだと知り、期待は高まる一方肝心のお味のほうは、なるほど、おいしい!華やかな香りもあるけれど、生酒らしいしっかりした味わいで、食事の味を引き立てます。酸味・香味も強く感じるので、いかにも日本酒のアテではなく、白飯に合うおかずをつまみにしてもよさそう。
    sumimotojinja

    元乃隅神社は白狐のお告げにより、昭和30年に島根県津和野町太鼓谷稲成神社から分霊された神社。商売繁盛をはじめとした願望成就の大神です。 123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100メートル以上にわたって並ぶ景色は圧巻。高さ約6メートルの大鳥居の上部に設置された賽銭箱に、見事、賽銭を投げ入れることができたら願いが叶うといわれています。お泊りには山口県 長門湯本温泉 大谷山荘がお勧めです。
    sumanamikojotua

    周南工場夜景クルージングツアーは南市の沿岸部に広がる全国有数の石油化学コンビナート群。その幻想的な工場夜景を船上から楽しむクルーズツアーが人気です。夜景ナビゲーターが同乗し、瀬戸内海に沈む夕陽や周南大橋、コンビナートの光や煙突からの炎など、非日常的で美しい風景が堪能できます。特に、日本夜景遺産に認定された晴海親水公園からの工場夜景が必見です。お泊りには山口県 長門湯本温泉 大谷山荘がお勧めです。

    宇部鴻城高等学校の皆様お疲れさまでした。

    このページのトップヘ